お金について楽しく学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金の知識に関して、有益な情報を提供していきます

仮想通貨にかかる税金と確定申告の方法

仮想通貨にかかる税金は、雑所得扱いとなり、 税率が高く、給与所得との合算された総所得金額に課税され、
場合によっては、給与所得に対しての追加納税も必要になってくるようなので、
収益に対してどの程度の税金を払うのかを理解しておこうと思います。

税金

税率

仮想通貨の利益でなく、給与所得も合算した課税所得に税金がかかる点が注意。

課税所得 所得税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195万円〜330万円以下 10% 97,500円 上記と同じ
330万円〜695万円以下 20% 427,500円 上記と同じ
695万円〜900万円以下 23% 636,000円 上記と同じ
900万円〜1,800万円以下 33% 1,536,000円 上記と同じ
1,800万円〜4,000万円以下 40% 2,796,000円 上記と同じ
4,000万円超 45% 4,796,000円

具体的な税金

給与が500万の人で想定してみます。

f:id:tamata78:20180108134639p:plain

税率が上がるギリギリの課税所得で利確を調整した方が良いですね。
330万、695万、900万、1800万、4000万。給与はある程度予想がつくと思うので、
頭に入れながらトレードすると良いですね。無理して、利益だそうなどはしない方が良いですが。

課税タイミング

  • 売買で利益を得た場合
  • 仮想通貨間で換えた場合。(ビットコイン ⇔ アルトコインなど)
  • 仮想通貨で買い物をする

損益通算

仮想通貨取引内:年間を通しての損益の合算で計算できる。
仮想以外:損益通算できない。株取引、不動産などの収益と仮想通貨の損益は通算できない。

雑所得は基本的に、他の所得との損益通算ができない。
よって、損出しは、仮想通貨の利益がある場合に行いましょう。

確定申告

概要

確定申告では、払いすぎた税金、未払いの税金の額を確定させ、
税金の還付または、納付を行います。

対象者

給与所得以外で、20万円以上の収入を得た場合。
※20万以下でも住民税の申告はしないといけない。

必要な書類

  • 会社からの源泉徴収票
  • 仮想通貨取引に係る雑所得の計算明細書
  • マイナンバー確認書類
  • 免許証や保険証などの本人確認書類

仮想通貨の利益(雑所得)には添付書類の義務がないため、雑所得の計算明細書は提出不要。
添付資料納付はないですが、正しく申告しないと、のちのち追徴税など取られる正しい申告をしましょう。

他にも以下が必要な場合があります。
医療費控除、寄付金控除、住宅ローン控除などを受ける場合の領収書等

確定申告書の作成

確定申告書等作成コーナーにアクセス

給与所得は、源泉徴収票を見て、必要事項を入力していきます。

雑所得の入力をしていきます。雑所得の「その他」を選択。
f:id:tamata78:20180108123317p:plain

上記以外(報酬等)を選択。
f:id:tamata78:20180108123428p:plain

各取引所での収益を記載。ビットコインで商品を買った場合は、店舗名やサイト名と使ったビットコインの収益分の金額を入力。
f:id:tamata78:20180108123749p:plain

他にも申告するものがあれば、入力し、次へと次への進めていく。

入力が完了すると、納税額が自動で計算されます。
住所、氏名、マイナンバーなどを入力し、印刷画面に移ります。

仮想通貨の利益を会社にバレたくない方は、
住民税の徴収方法で「自分で納付」に◯をつける。

入力が完了し、書類を直接提出する場合、印刷する。

提出方法

  • 管轄税務署へ行って確定申告書類を提出する
  • 税務署へ郵便で確定申告書類を送る
  • e-Taxで確定申告する

郵送で提出するのがオススメです。
税務署で待たされるのは面倒ですし、e-Taxは読み取りカードリーダを購入する必要があったりと面倒なので。
特にMacOSの方は、読み取りカードリーダが1万ぐらいしたと思います。windowsの方は、5000円ぐらいだったかな。

郵送する場合に参考になるURL

税金の支払い方法

追加で納税が必要な場合は、以下の方法が有るようです。

  • 指定した金融機関の口座から振替納税する
  • インターネットを利用して電子納税する
  • 現金で納付する
  • クレジットカードで納付する

詳細な納付方法はこちら

節税

ふるさと納税

雑所得を確定申告することで住民税所得割額を上げることができ、
ふるさと納税の控除限度額を増やすことができます。
ふるさと納税の寄付による返礼品で少しでも支払い住民税を取り返したいですね。

以下のサイトで、給料プラスの収入があった場合のふるさと納税の控除限度額を確認することができます。
ちょっと使い方を覚えるのに苦労しそうですが。。
ふるさと納税(限度額,自己負担額),住宅ローン控除(実質控除限度額),医療費控除等の減税効果確認ツール

f:id:tamata78:20180108124541p:plain

機能が一杯ありそうなので、他の用途にも使えそうですね。

仮想通貨通貨の手数料

仮想通貨で発生する手数料がいろいろあるので、整理してみました。

入出金手数料

証券会社などでは、入出金は無料だったりしますが、
仮想通貨取引所では、入手金手数料が高めです。

ただ、どの取引所も振込先が住信SBIネット銀行で、
同じ銀行内の振込手数料がSBIでは無料なので、無料で振込可能みたいです。

SBI銀行は土日なども入出金できるので、かなり便利に使えるようなので、口座を持っていない方は、 必ず開設した方が良さそうですね。

取引所名 クイック入金 出金 振込先銀行
bitFlyer 324円 216円~756円 三井住友、SBI
coincheck 756円以上(3万〜50万まで1000円) 400円 りそな、SBI
Zaif 取り扱いなし 350円~756円 SBI
bitbank 取り扱いなし 540円 / 756円(3万円以上) SBI
GMOコイン 無料(楽天、SBI) 無料 楽天、SBI
BITPonit 無料(イオン銀行、ジャパンネット銀行) 324円 SBI

ビットコイン、アルトコイン現物取引(取引所の場合)

bitFlyerのみ手数料がかかります。
bitbankとZaifは取引をすると手数料がもらえます。(bitbankは指値注文のみ)
取引するほど、もらえるって面白いですね。

取引所名 ビットコイン アルトコイン
bitFlyer 0.01%~0.15% 0.20%
bitbank -0.05%~0.05% -0.05%~0.25%
BITPonit 無料 無料
coincheck 無料 無料
Zaif -0.05%~-0.01% 0%~0.3%

ビットコイン、アルトコイン現物取引(販売所の場合)

どこの販売所でも無料。 ただし、スプレッド(買値と売値の差)が販売所が大きい傾向があります。
販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるメリットがある。

スプレッド料金

スプレッド(買値と売値の差。販売所でかかる売買手数料のようなもの)は、
取引所毎に公開されているものではないですが、
ある時点の金額差を確認するとこで、大まかなスプレッド料金を確認することができます。

銘柄 コインチェック bitFlyer Zaif GMOコイン bitbank
BTC 1.04% 4.03% 0% 0.46% 0%
ETH 6.90% 10.98% 0% 3.04% 0%
XRP 7.10% - - ? 0%
NEM 6.10% 4- 0% - 0%
BCH 10.66% 15.92% 0% 5.44% 0%
モナコイン - 16.39% 0% - 0%

取引所(人対人の売買。板注文のこと)ができる取引所については、0%としています。

取引所ごとのスプレッドは、以下の値を記載させて頂きました。
厳密なものではないので、参考値として御覧ください。

仮想通貨-取引所の手数料比較!コインチェック

Zaifとbitbankがスプレッドなしで板注文できるので、良心的ですね。 bitFlyer、coincheckはスプレッドの幅(売りと買いの差)が広く手数料が多くかかるため、あまりおすすめできないですね。。

このスプレッドは、取引量が増大するタイミング(暴騰、暴落)には幅が広くなります。
理由としては、販売所の仮想通貨は、取引所が保持している仮想通貨を売買しているためで、
瞬間的に価格が暴落、暴騰したタイミングでスプレッドとが狭いと、取引所の価格設定が損失を出す価格となる可能性があるからだと思います。

送金手数料

送金手数料もありますが、最近は送金時間も問題となっているようです。
特にBTCは4時間かかったり、3日かかったりするようなので、可能であれば、別のアルトコインに替えてから、
送金するのが良さそうです。

※2017年12月26日

送金元 BTC LTC BCH(BCC) ETH XRP XEM
bitFlyer 0.0015BTC 取引所負担 取引所負担 取引所負担 取引所負担 取引所負担
Zaif 0.0001BTC以上選択可 0.001BCH 0.01ETH 2XEM~
coincheck 0.002BTC 0.001LTC 0.001BCH 0.01ETH 0.15XRP 0.5XEM
bitbank 0.001BTC 0.001LTC 0.001BCH 0.0005ETH 0.15XRP
Binance 0.001BTC 0.01LTC 0.0005BCC 0.01ETH 0.15XRP ー| 

NISA、積立NISA、ジュニアNISAの比較

f:id:tamata78:20180103102428j:plain

積立NISAが新しく新設され、なんとなくは理解しているのですが、
運用期限はいつまでだっけ?上限いくらだっけ?とあやふやなところがあったので、
自分の備忘録も兼ねて、情報を整理してみました。

NISAと積立NISAの比較表

特徴 NISA 積立NISA ジュニアNISA
対象者 日本に住む20歳以上の成人 同左 日本に住む0〜19歳の未成年
運用期間 5年(最長10年) 20年 5年(最長8年)
年の上限投資額 120万(累積600万) 40万(累積800万) 80万(累積400万)
非課税枠 運用益、配当、普通分配金 長期積立投資に適した投資信託 運用益、配当、普通分配金
ロールオーバー 5年過ぎて利益出て、120万超えても全額NISA枠に移管可能 - NISAと同じ
引き出し いつでも。引き出し金額のNISA枠は復活しない 同左 原則、18歳になるまで引き出し不可
損益通算 できない(損失は利益と相殺して節税できない) 同左 同左
補足 将来積立NISAに統合するかも インデックス投資の場合は、こちらを選択 20歳でNISAに全移管可能

ロールオーバー

運用期間を過ぎたタイミングで売却せずに新たなNISA枠を利用して、運用し続けること。
利確しないため、最初の基準価格で保有し続けることが可能。NISAでは最大5年延長で10年まで保有可能。
制度改正により、利益が出て、上限投資額を超えた場合でも、上限なしでロールオーバーが可能となった。

例) 120万投資。5年後、資産が140万となった。 限度額を20万超えるが、120万分のNISA枠で、ロールオーバー可能。

※ロールオーバーをする場合は、非課税期間が終了する前に、 NISA口座を開設している金融機関に「非課税口座内上場株式等移管依頼書」を提出する必要

NISA制度の効果検証結果(金融庁)

NISA利用の現状について面白い検証結果があったので載せておきます。
年代別の口座開設数、買付け金額、売却額、保有期間など。

http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20161021-1/01.pdf

人気の仮想通貨の概要をつかむ(BTC,XRP,LTC,ETH,BCH,NEM)

昨年は、仮想通貨元年と言われるほど、大盛り上がりでした。
ビットコインに限らず、他の仮想通貨も軒並み、何倍もの値上がりを記録しました。

数万はお試しで、ビットコインに投資していたのですが、もう少し投資してみたくなったので、
ざっくり概要を調査し、まとめてみました。

f:id:tamata78:20180102221516j:plain

2018/01/02時点

取引所

以下の上位3社は大企業から出資を受けていて、安心・安全な仮想通過取引所。
GMOコインと、BITPOINTは、上場企業または、その関連会社が運営しているため、信頼性が高め。

取引所 説明
bitflyer(ビットフライヤー) 取引量、ユーザー数、資本金3年連続No1、トレードツール多機能で使いやすい
Coincheck(コインチェック) 仮想通貨取扱数が一番多い。「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)など12種類
Zaif(ザイフ) XEM(ネム)を始めて取り扱った取引所。日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)なども扱う。
GMOコイン 入出金手数料が無料!東証一部上場GMOインターネットが運営する取引所
BITPOINT(ビットポイント) 自動売買可能、入出金、売買手数料無料、東証二部リミックスポイントの子会社が運営している

国別取引量を調べるサイト

cryptocompar

価格推移・時価総額を調べるサイト

Coincap
Coingecko
coinmarketcap

投資検討

時価総額が大きい、人気の高い仮想通貨に関して、投資検討のための材料を記載してみます。

1. BTC(ビットコイン)

全ての仮想通貨の軸になっている通貨。

基本情報

最大発行量:2,100万枚 発行完了予定は、2140年
技術:ブロックチェーンを使用。ブロックの生成間隔を平均10分。
価格:年初10万円前後だったのが、220万まで高騰

補足情報

所有、売買:日本人が50%。以前は中国、今は規制されてしまっている。
発行:世界の60%のビットコイン承認、採掘権が中国にあり。採掘には電力がかかるが、中国は安いため。
使用:海外旅行者の決済方法としての需要が高まっている。日本でも1000店舗以上で使用可能。ビックカメラ、マルイでも使える。
問題点:取引量が増えると送受信にかかる時間が長くなる。時間短縮するために多くの手数料が必要になったりする。手数料を多く稼ぎたい中国がビットコインの主導権を握っているため、なかなか解決しない。

2017年末から、アメリカ大手CMEグループの先物取引開始

2. XRP(リップル)

基本情報

最大発行量:1000億XRP
送金スピード:1000件/s ※ビットコインは6件/s
目的:ブリッジ通貨。資産移動コスト(ドル → 円など)を60%低減させる
技術:ブロックチェーン用いず、分散化台帳を使用。
電力のかかるPoWでない、次世代のPoCを用いた仕組み

補足情報

運営:リップル社。自社保有550億XRP
出資:google
金融機関利用:日本メガバンク、ゆうちょ、世界の主要銀行がリップルネットワークを利用すると発表
その他:SBIグループが100億XRPを保有。XRPの価値を上げる取り組みをしていくと発表
実運用:使用はまだ先、実現すれば送金コスト30%減らせる。

銀行保有は考えずらいため、使われない可能性あり、仮想通貨の国際会計ルールが整っていない。
ハードルが高いため、5年〜10年スパンの長期保有を前提としたい。

3. ライトコイン(LTC)

基本情報

最大発行量:8,400万枚 ※ビットコインは2,100万
目的:ビットコインよりも取引承認時間を早めるために制作
技術:ブロックチェーンを使用。ブロックの生成間隔を平均2.5分。ビットコインの4倍早い。
価格:500〜1000円前後だったのが、2017年4月のSegSegwitアクティベートをキッカケに4万まで高騰

補足情報

ビットコインの避難先通貨との位置づけだったが、
2018年8月1日にビットコインから分裂したビットコインキャッシュがそのポジションとなりつつある。

理由としては、ビットコインキャッシュは1ブロック当りの容量をビットコインの8倍の8MBに増やし、ハードフォークなしで 32MBまで拡張可能としているかつ、トランザクション増大時でも手数料を1円以下に保てる。
(ライトコインの手数料は、30円前後まで高騰する可能性あり)

ビットコインキャッシュは、ビットコインネームブランドを踏襲していて、
政治力、マーケテイング力も大きい。

4. イーサリアム(ETH)

基本情報

最大発行量:上限なし 目的:決済目的でなく、スマートコントラクトを実現する(複数契約(決済を含む)を一括で行うようなもの?)
例えば、家を買う際のローンや固定資産税、諸経費の決済などをイーサリアムで払えば、契約などもまとめて執行可能。
技術:ブロックチェーンを使用。ブロックの生成間隔をおよそ15秒~17秒。ビットコインは10分。
価格:2017年に1300円、そこから96000円(2018/01/02時点)ほどまで上昇。約70倍。

補足情報

イーサリアムアライアンス:企業利用を可能にするレベルまで情報交換・開発を進めると賛同した結成した連盟。
Microsoft、intel、JpMorganなども名を連ねる。
利用:決済サービスをピンポイントジャパンが小売店に売り込み開始。

5. ビットコインキャッシュ(BCH)

基本情報

最大発行量:2,100万 目的:スケーラビリティ問題(容量の不足)を解決すること。
技術:ブロックチェーンを使用。1ブロック当りの容量をビットコインの8倍の8MBに増やし、ハードフォークなしで32MBまで拡張可能としているかつ、トランザクション増大時でも手数料を1円以下に保てる。
価格:2017年8月に誕生。一時42万まで暴騰するが、中国取引所のダウンの影響もあり、現在28万まで下げている。

補足情報

基軸通貨:中国の仮想通貨取引所のOKEXと英国CoinEXがビットコインキャッシュ基軸のマーケットを開始。
基軸通貨は需要が高まるため、好材料。ビットコイン、イーサリアムが例。
決済:ビットコイン決済ができる米BitPay(ビットペイ)がビットコインキャッシュでの決済を取り入れ開始。
マイニング:マイニングの収益性がビットコインをビットコインキャッシュが上回る場面あり。収益が高い通貨での マイニングが盛んになり、ビットコインの送金詰まりが悪化する懸念あり?

6. ネム(NEM)

ブロックチェーン・ネム(NEM)のプロトコルを使用して動いている仮想通貨。

基本情報

最大発行量:89億枚 今後の新規発行なし ※ビットコインは2,100万 特徴:マイニングでなく、ハーベスティング(収穫)によって獲得。
目的:スピードや安全性、コストダウンを目指し開発
技術:mijinというブロックチェーンを使用。一般開放されている。(マネーフォワード、NEC、NRIも導入)
価格:0.3円だったのが、2017年12月に113円まで高騰 2017年の成長率は約190倍、ビットコインは約16倍。

補足情報

Catapult(カタパルト):Catapul(大型のアップデート)によって、情報処理速度が格段に向上することで汎用性が高まり、 価格向上に繋がる期待がされている。
取引所:coincheckとzaifで取引が可能だが板で指値注文できるのはZaifのみ(手数料も安い0%〜0.1%)なので、NEMへの投資の際は、Zaifに口座を持った方がよい。

運用成績(投資信託) 2017/12

前月比、パフォーマンスは、計算方法がおかしかったのと
投信では、積立メインであまり意味がないので、記載をやめました。

積立合計金額:57,880円
損益:+1,979円(+3.41%)

まだまだ、2ヶ月目なので、結果は判断できないです。
5年ぐらい積立て続ければ、結果も見えてくるでしょう。

継続命で、淡々と積み立てて行こうと思います。
確定拠出年金でも同じ投信に投資してしまっているので、
積立目的がちょっとよく分からなくなっていますが、貯蓄的なスタンスで
余剰金を貯めていくイメージで積みてていこうと思います。

運用成績 2017/12

f:id:tamata78:20171229223238j:plain

12月6日に一時500円安となるタイミング(円高、米市場株安、中東情勢不安)もありましたが、
12月の国内市場は、堅調な値動きでした。
日経平均は、22170〜23000円を動いていました。

今月は、グットコムアセットが業績好調&優待拡充により、前月の収支プラマイゼロ
状態から大きくプラスに回復しています。有り難いです。

今月より、保有している米国個別株についての状況も報告していこうと思います。

現状

2017/12/29(金) 現在

<日本株の損益>

保有株の投資金額 2,256,100円
保有株の評価金額 2,551,300円
保有株損益 +295,200円
総資産当りの前月比 +4.03% ※今月より日本株用の資金あたりの割合に変更しています。

保有株売却による累計収益(2017) +742,663円 (税引前、配当益除く)
保有株売却による累計総収益(2016/11〜) +750,024円
★年初来パフォーマンス +8.97%

<米国株の損益>
マネーフォワードの円換算における投資額、評価額を元に計算。

保有株の投資金額 1,590,111円
保有株の評価金額 1,730,458円
保有株損益 +140,347円
総資産当りの前月比 -% ※今月から報告開始のため、来月より記載

保有株売却による累計収益(2017) 0円 (税引前、配当益除く)
保有株売却による累計総収益(2017/11〜) 0円
★年初来パフォーマンス +0%


※画像は、米個別株の部分のみを抜粋して掲載しています。

売買

日本株

買い

フジ(8278) 100株 追加
田辺工業(1828) 200株 追加

フジは、第三者売り出しを通過したため、買い戻しで取得単価下げ、
好業績の決算出るまではぐずつくか。
しばらくは売り出しないはずなので、気長に持ちます。

田辺工業、少し高値掴みしたかも。
割安なので、そこまで不安ないですが。昇格狙いで、長期持ちします。

売り

取引なし

米国株

買い

マイクロソフト(MSFT) 30株 新規
マクドナルド(MCD) 16株 新規
スリーエム(MMM) 12株 新規

すでに保有済みのアマゾンに加えて、上記3銘柄を日本円で約30万ぐらいずつ、打診買い。
成長株のアマゾン、マイクロソフトが合計90万。
守りの高配当の安定株のマクドナルド、スリーエムが60万。
ジョンソン&ジョンソン(JNJ)も買いたかったが指値刺さらず。

10%ぐらい下げてくるようなら、追加投資を検討します。

売り

取引なし

リスク管理

保有銘柄一日当りの最大損失:1.39%(116,139円)
※各銘柄のATR(最大値動き)を考慮して算出

今後の方針

日本株
一旦、追加投資は控えようかと思います。
それなりに結果は出てきているものの、暴落のない相場で上手く行っている傾向があると思います。
また、投資ルールや投資基準が曖昧かつ、守れていない傾向があるため、一旦どこかで
取引を振り返ろうかと思います。

最近、株取引の勉強できてないです。
売り出しの出やすい銘柄とか、決算書を素早く理解するポイントを理解するとか。
調査したいことはいろいろあるんですが、本業の方の勉強もやっていて、あまり進んでいないです。

2018年は、銘柄探しや投資手法も一旦棚卸しして、さらにレベルアップして行きたいと思います。

米国株
基本すべて、長期投資。
ハイテク系と高配当な大型株へのバランス投資。
日本株と比べてのパフォーマンスの出方を比較していきます。
自分に合ってそうなら、米市場に完全移行も検討しようと思います。

今年の総括

2011年11月から株式投資を開始して、約1年。
新しい世界に踏み出して、非常に楽しく、金融リテラシーが一気に高まった一年となりました。
投資結果の方も、自分としてはそれなりに結果を出せたと満足しています。
ただ、上手くリスク管理しつつ、投資額を増やして行ければもっとパフォーマンスを上げることができると思っています。

まだまだ、知識が足りず、購入銘柄も他のブログを参考にしての投資なので、
これから、自力で考え、銘柄分析できるようになっていきます。

来年は以下を鍛えます。
・決算短信を短時間で読み、業績への影響ポイントを理解すること
・銘柄の探し方の洗練(小型向け投信の投資先、直近不人気IPO銘柄、優待導入で有望な銘柄探しなど)

堅調な相場ばかりが続くとは限りませんが、
来年も満足できる結果を残していければと思います。ありがとうございました。

運用成績(投資信託) 2017/11

今月より、投資信託の積立を開始しました。
毎月、簡単に共有していこうと思います。

積立合計金額:30,406円
損益:+506円
★総積立金当りの前月比 +1.66%
★年初来パフォーマンス +1.66%

すずめの涙ですね。。。継続は力なりでやってきます。
相場暴落時は、スポット投資も検討しています。