お金について楽しく学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金の知識に関して、有益な情報を提供していきます

投資家に人気のバンガード社のEFT

バンガード社のEFTの中で人気のあるものを調べてみました。
中長期の保有で収益を上げることができるEFTたちです。

バンガード社のEFT

特に人気の高いEFTを一覧化してみました。

ティッカー 日本名 価格(ドル) 信託報酬 主な投資先 配当利回り(参考)
VTI バンガード・トータル・ストックマーケットETF 119.54 0.09% 米国株式市場の銘柄(大型・中型・小型株) 2.46%
VYM バンガード・米国高配当株式ETF 76.6 0.09% 高配当の米国株 大型株で予想利回りが市場平均以上の銘柄 3.50%
VOO バンガード・S&P500ETF 212.57 0.05% S&P500指数 S&P500は、米国市場の主要銘柄を代表する500銘柄(大型株)で構成 2.47%
VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 63.82 0.14% 世界中(先進国や新興国)の大・中・小企業の株式に投資 47ヶ国で8000銘柄 2.93%
VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 38.91 0.15% 世界の新興国22ヶ国の大型株と中型株 (中国・台湾・インドで50%以上) 1.78%

※ 価格は2017.2.11時点

VTI(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)

特徴

・値上がり益と配当益の両方を得られる。
・S&P500連動のSPY、IVVに続く3番目の純資産額
・米国ほとんどすべての株式に投資するETF。カバー率は99.5%
・構成銘柄が4000近くある
・信託報酬は0.09%
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080248p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224453p:plain

高配当、連続増配銘柄を含みつつ、
アメリカを代表する無敗銘柄も入っています。
小型株も取り込んだEFTなので、当たれば、成長スピードが大きいです。

その結果、配当も値上がり益も得ることができるEFTとなっています。
1位のアップルでさえ2%半ば
2位のマイクロソフトで1.94%。
よく分散されていることがわかります。

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224535p:plain

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

特徴

・信託報酬は0.09%
配当利回り3%~3.5% 株式ETFの中では確かに高配当なETF
・FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080442p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224706p:plain

  • マイクロソフト(MSFT)は歴史が浅いですが、増配率が近年、高い
  • エクソン・モービル(XOM)は言わずと知れた石油メジャーを代表する銘柄
  • フェイスブックやアマゾン、グーグルなどは高成長ですが、無配のため、入っていません。 ここがVTIと大きな違いですね。

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224725p:plain

消費財が多い、公益・通信は安定高配当なので、
順当な組み入れと言えそうです。

VOO(バンガード・S&P500ETF)

特徴

・信託報酬は 0.05%
配当利回り3%~3.5%
・S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080526p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224314p:plain

  • アルファベット(google)、アマゾン、バークシャーハサウェイ(バフェット氏)は配当なし

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224355p:plain

VT (バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

特徴

・世界中(先進国や新興国)の大・中・小企業の株式に投資
・投資先が47ヶ国で8000銘柄で全世界の市場時価総額の98%以上をカバー
・信託報酬は 0.14%
配当利回り2.93% 2017年1月時点
・FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

実際には、時価総額の比重などで50%以上が米国株投資。

チャート

f:id:tamata78:20170211080627p:plain

2017.2.11時点

国別構成比率 上位10カ国 (%)

f:id:tamata78:20170210234857p:plain

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170210234919p:plain

VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)

特徴

・世界の新興国22ヶ国の大型株と中型株に投資するETF(中国・台湾・インドで50%以上)
・信託報酬は 0.15%
配当利回り1.78%
・FTSEエマージング・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080704p:plain

2017.2.11時点

国別構成比率 上位10カ国 (%)

f:id:tamata78:20170210234107p:plain

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170210234243p:plain

一般信用売り残を確認する方法(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券)

株主優待つなぎ売りをする際に一般信用売りをする必要があります。
初めて信用売を行う際に各証券会社で残数を確認する方法がわからなかったので、まとめてみました。

SBI証券

一覧で見る

2017/02/19 追記) 以下の一覧で確認出来るようです。ログイン後にしか飛べないページのリンク張ってました。すみません。。

ヘッダーメニューの「国内株式」タブをクリックした後、 下にスクロールして以下の「一般信用売り銘柄一覧」リンクをクリックすると辿り着けます。

f:id:tamata78:20170331213558p:plain

f:id:tamata78:20170219190508p:plain

優待権利確定月の指定ができるなど、つなぎ売りに便利な絞込みも可能です。

個別銘柄毎に見る

ログインした状態で、TOP画面の上部の株価検索の欄に調べたい銘柄の銘柄コードを入力して、
個別銘柄のページへ移動します。

f:id:tamata78:20170205221320p:plain

次に信用売のボタンをクリックして、信用売り取引の画面に移動します。

f:id:tamata78:20170205221405p:plain

購入株数の隣に残数の目安となる状態が表示され、確認ができます。

f:id:tamata78:20170205223536p:plain

※一般信用売ができない銘柄については、状態の部分が何も表示されない状態となります。

f:id:tamata78:20170205223435p:plain

カブドットコム証券

ログインした状態で「お取引」のメニューをクリックします。

f:id:tamata78:20170205221751p:plain

次に「信用」のメニューをクリックします。

f:id:tamata78:20170205221832p:plain

次に「 一般信用(長期・売短)売建可能銘柄一覧」のリンクをクリックします。

f:id:tamata78:20170205221956p:plain

検索欄に銘柄コードを入力して、検索ボタンをクリックします。

f:id:tamata78:20170205222102p:plain

信用取引残が表示されます。 以下は残数がない状態ですね。

f:id:tamata78:20170205222207p:plain

※一般信用売ができない銘柄については、検索結果でヒットしません。

松井証券

どのくらいの残数があるかは確認できないです。
現状、信用売が可能かの確認のみができます。

ログイン後に株式取引のメニューをクリックします。

f:id:tamata78:20170205222446p:plain

サイドバーの一番下に銘柄コード検索エリアが表示されるのでこちらに
確認したい銘柄コードを入力します。

f:id:tamata78:20170205222629p:plain

信用取引無期限の「新規売」のエリアが選択可能な場合、
一般信用売りが可能となります。下記の場合は、取引ができない状態です。

f:id:tamata78:20170205223009p:plain

規制情報のところにも「信用新規売停止(一般)」と表示されており、
一般信用取引ができないことがわかります。

一般信用取引ができる状態は以下のようになります。

f:id:tamata78:20170205223216p:plain

信用取引で必ず知っておきたい追加保証金(追証)

追加保証金

信用売りは、最低保証金額(一般的には30万)があります。
これを下回ってしまうと、追加保証金(追証)を要求されます。
その後、追加入金を行わないと、強制的に決済されてしまいます。

追加保証金ルール

カブドットコム証券の場合のルールを記載します。
最低限以下の条件を維持する必要があります。

2017年2月4日時点

最低保証金額 委託保証金率 最低保証金維持率
両取引の保証金を合算して30万円 両取引の建玉を合算して30% 両取引の建玉を合算して25%

最低保証金額維持率を下回った場合、委託保証金率(30%)まで回復するように
入金する必要があります。
この委託保証金が追加保証金(追証)を指します。

下回った場合は、下回った日の2営業日後の正午までに、追証を入金します。
入金がされず、5営業日経過後または、保証金維持率が20%を下回った場合、
強制決済(売り建玉が反対売買)されてしまいます。

注意点

一度、不足金が出た場合、株価が上がって、不足金が解消されたとしても
不足金の入金が必要となります。

保証金余力は余裕を持たせて入金したいですね。

関連用語

保証金余力

保証金が最低保証金額(一般的には30万)を
どれだけ上回っているかということ。

保証金余力が10万円ということは、
預けてある担保が、30万円を10万円上回っているということを意味します。

LINEで電話できない相手に無料または、安く電話するLINE Out

LINE Out とは

LINE(ライン)から固定電話や携帯電話と通話をすることができる有料サービス。
公式情報によると、スマホの通話料が最大、
67%〜95%オフにすることが可能です。

LINEをインストールしている人なら、すぐに使えます。

LINE Out の利用方法

コールクレジット購入方法

アプリから購入する場合

「その他メニュー」→ おすすめサービス「LineOutFree」→ 設定(ネジマーク)
「コールクレジットを購入」→ 「クレジット購入」

アプリ上からは、240クレジットしか購入できません。
WEB上から購入する場合は、120、360、600、1200、3600、6000クレジットが購入可能です。

※ 30日プランというものもあります。

コールクレジットを購入できれば、
LINE Out上で電話をかけるだけです。

今後も頻繁に使う場合、LINE Out設定の「ホーム画面に追加」を行っておくと便利です。

料金

LINE Out (有料)

コールクレジット(固定電話) コールクレジット(携帯) 30日プラン(固定電話・携帯) 30日プラン(携帯)
¥3/分(3クレジット) ¥14/分(14クレジット) ¥2/分(2クレジット) ¥6/分(6クレジット)

1分あたりの料金は、通話前にキーパッド画面に表示される。

LINE Out Free (無料)

15秒ほどの広告を見ると、以下のとおり無料で電話が可能です。
店への予約の電話など、短い用件の場合に活用できそうです。

LINE Out Freeで無料通話できる回数は通話タブで確認できます。
1回あたりの時間は以下の通りです。

固定電話 携帯電話
3 分/回 1 分/回

注意点

有効期限(コールクレジット)

LINE STOREおよびAndroid版LINEアプリで購入したコールクレジットは、
購入後180日間(6ヶ月)のみ利用可能です。

iPhoneの場合は、期限なし??(確認できていません)

有効期限(30日プラン)

30日プランの通話残額は期間終了後は繰越できない。

発信できない通話

  • 警察、消防、救急などの緊急機関
  • 一部の有料通話やプレミアム通話のサービス
  • LINEと接続協定を締結していない事業者

番号通知

電話番号認証していないと、相手に非通知で表示される場合がある。
NTTdocomo、SoftBankをご利用の場合には「通知不可能」または「非通知」と表示される。

公式サイト

LINE Outとは? | LINE(ライン)

マネックス証券のTradeStaionを開いて初期設定してみる

ログイン

マネックス証券に口座開設後に外国株口座を開設します。
開設完了後に以下よりログインします。

f:id:tamata78:20170131230516p:plain

取引に使う口座は以下から選択します。
NISA口座は事前に申込をしておく必要があります。

  • 損益通算できる米国株取引(特定口座)
  • 損益通算はできないが、売買手数料が無料となる米国株NISA取引

監視銘柄の登録

「レーダースクリーン」ウィンドウに銘柄コード(シンボル)を入力する。

f:id:tamata78:20170131230006p:plain

チャート表示

タブ追加をクリックして、チャートを選択。
右上のネジマークをクリックして、表示したい指標を追加。

以下のように設定してみました。

f:id:tamata78:20170131230743p:plain

※ ATR(最大値動き) 1日に許容できるリスクを管理するのに役に立ちます。

f:id:tamata78:20170131230109p:plain

全体レイアウト

f:id:tamata78:20170131230926p:plain

各ウィンドウの位置やレイアウトは自由に変更が可能です。

注文の有効期間

取引の記号は初期値が『GTD』となっています。
これは指値注文を表す記号で基本的な方法。
ただし、これだと時間外取引は対象外となっていません。

『GTC+』を選択して指値価格を入れるだけで、
立会時間&時間外取引時間の両方で指値が90日間有効になります。

これで日本の立会時間外に急落した場合も下値を拾うことができるようになります。
指値でじっくり急落を待って大きな利益を掴んでいきたいですね。

海外EFT、株取引で必要な知識をまとめてみました

海外の投資商品を扱うには、売買手数料、為替手数料など手数料が多くかかります。
そのため、デイトレードでは手数料負けしやすいです。

そのため、じっくり安値を待って、購入して長期的な値上がりを期待するのがよいです。

海外EFTと米国株の売買を行うための情報を以下よりまとめていきます。
参考になれば幸いです。

立会時間

AM9:30~PM4:00 昼休みなし

日本時間

◆標準期間:PM11:30~翌AM6:00
◆サマータイム期間:PM10:30~翌AM5:00
※サマータイム:3月第2日曜日〜11月第1日曜

外国株口座

海外商品の取引を行う場合の口座の証券会社毎の比較です。
メリット・デメリットを認識して、自分に合った証券口座を使えるように準備しましょう。

外国株口座を扱う証券会社を比較してみた

投資商品

EFT

地域、業種など大きな単位に投資する投資信託の一種。
株式のように上場しており、リアルタイムに売り買い出来るという点が異なります。

個別銘柄への投資には知識が入りますが、そこまで知識がなくても投資できるという点で、 向いていると言えるかもしれません。

株式と投信のメリットを持つ、EFT(上場投信)とは?

海外EFTで手数料が安く絶大な人気を誇るバンガード社のEFTがあります。
右肩上がりで成長し続ける米国を中心に投資を行っているEFTが有名です。

投資家に人気のバンガード社のEFT

投資額

EFTは信託報酬が0.0X〜とかなり安いですが、
購入手数料が「約定代金の0.45%」(マネックス証券)の手数料がかかり、
無視できない金額になっていきます。

下限、上限の手数料はマネックス証券では以下の通りになっています。
最低手数料:5ドル(米)
上限手数料:20ドル(米)

下限上限の手数料を払う際の約定金額を計算してみると以下の通りになります。

5ドル(下限):1,111ドル(5 ÷ 0.0045)
20ドル(上限):4,444ドル(20 ÷ 0.0045)

よって、1,111ドルよりも約低金額が安いと、約低代金に占める手数料の割合が増えてしまいます。
4,444ドルよりも約低金額が高いと、約低代金に占める手数料の割合が減り、効率が良くなります。

手数料と約低金額を円換算

1ドル120円とすると

手数料 約低金額
下限手数料(5ドル) 600円(5×120) 133,320円(1111×120)
上限手数料(20ドル) 2400円(20×120) 533,280円(4444×120)

最低13万以上の約低金額、53万以上購入すれば、
手数料が2400円で固定となるため、どんどん安くなっていきます。

税金

日本 海外
売却益 20.315% 0%
配当金 20.315% 国により異なる。アメリカ10%

配当金に関しては、2重で税金が取られてしまうため、
「外国税額控除制度」を利用し、確定申告することで 払いすぎた税金を取り返すことができます。

外国税額控除制度

  • NISA口座は適用外(日本の税金が免除されているため)
  • 3段階の控除(所得税 → 県民税 → 市民税)

口座に入ってくる配当金は、海外の現地課税、日本での課税が 行われた後の残りの金額となっています。
2重課税を調整するために、確定申告で「外国税額控除」を利用して還付金を受け取ります。

確定申告する際には以下が参考になります。
SBI証券の外国税額控除制度についての説明

確定申告は手間なので、年間配当額が10万以上から確定申告するケースが多いようです。

取引ツール

マネックス証券のTradeStaionを開いて初期設定してみる

ドル両替

為替は専門家でも読むのが難しいです。
基本的には、80円〜120円の範囲で動いています。
よって、平均交換レートが100円となるように交換していけると理想的。

ドル購入ルール(マネックス証券)

当日受付締切時間(※) 約定為替レート 取引画面への反映時間
米ドル 14時30分 14時30分~15時の間に決定 日本時間20:30頃
(米国夏時間適用時は19:30頃)

※ 日本の非営業日の場合は、翌営業日受付となります。

投資・運用方法

一例ではありますが、
初心者の場合、米国株よりもEFTの購入が良いようです。
※ 知識がさほどいらず、配当金も2%〜3%とそれなりに高いものが多いです。

購入は時間分散することが最も重要です。
できれば、〜ショックのときに購入するのが
最も利益につながります。

ドルキャッシュを作ったら、
ゆっくり時間をかけて、指値待ちで7%〜10%ぐらい下落するのを待って
購入していくとよいです。
200日移動平均線を下回る価格が理想的。

〜ショックに備えて、資金の全てを投資するのではなく
常に10%〜20%はキャッシュを保持しておくと平均単価を下げることができます。

投資用ツール

海外株、EFTを手軽に見るためのチャート
→ ログインなどが不要でSymbolにティッカー(英字の銘柄コード)を入力すると、すぐにチャートが見れます。

(2017/02/19 追記)
yahoo ファイナンス(米国)
→ 過去に参照した銘柄の株価をさっと確認できます。

f:id:tamata78:20170219185443p:plain

外国株口座を扱う証券会社を比較してみた

EFTについては以下にまとめましたが、
もう少し詳しく外国株口座と取り扱う証券会社の比較をしたいと考え、まとめてみました。

株式と投信のメリットを持つ、EFT(上場投信)とは?

各種手数料

証券会社 売買手数料(1注文) 円決済 為替手数料(1ドル) 両替タイミング 他社出庫
マネックス証券 1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜) 不可 25銭 営業日14:30までの指示分が当日15:00に約定 1銘柄3000円(税別)
SBI証券 1取引あたり約定代金の 0.45%(税抜) 5銭〜25銭。表外に詳細記載 毎営業1日2回(10:00、14:30) 無料
楽天証券 1取引につき25米ドル(税抜) 25銭 毎営業1日2回(10:00、14:00)、16時から翌6時は注文時レートで取引可能 無料

円決済時は、SBI証券楽天証券も25銭の為替スプレッド
(証券会社に取られる両替手数料のようなもの)は徴収されます。

為替手数料は、SBI証券の場合、SBI銀行で両替(1ドル15銭)可能、リアルタイムレートにおける両替が可能(月曜日午前7時から土曜日午前6時50分(サマータイムの時期は午前5時50分))
FXでは5銭で両替可能(ただし、10万通貨以上の取引でないと現引きできず資金移動できない)。
無料でSBI証券に入金可能。これを利用するとSBI証券が一番コストが低いことになります。

また、マネックス証券は、他社出庫が無料でないため、証券会社を変えづらくなっています。

手数料の面では、SBI証券にメリットがありそうです。

口座対応

証券会社 特定口座 NISA口座 NISA口座手数料特典 株式併合
マネックス証券 米国株の買付け手数料が無料 全て特定口座内で処理可
SBI証券 海外EFTの買付け手数料が無料 全て特定口座内で処理可
楽天証券 海外EFT買付け手数料全額キャッシュバック 強制的に一般口座に払い出し、特定口座に戻せない

各社共に特定口座、NISA口座は対応済み。
楽天証券は、株式併合時に一般口座に強制的に移動してしまいます。
安心して取引ができないです。。

取扱い銘柄

証券会社 個別銘柄 ADF銘柄 ETF
マネックス証券 3084銘柄 58銘柄 251銘柄
SBI証券 1064銘柄 112銘柄 250銘柄
楽天証券 902銘柄 126銘柄 240銘柄

個別銘柄はマネックスが圧倒。ETFは各社互角の銘柄数。
個別銘柄で幅広い銘柄の購入を考えている場合は、マネックス証券を選ぶと良いと思います。

取引時間、注文受付時間

証券会社 取引時間(日本時間) 注文受付時間
マネックス証券 確認中 確認中
SBI証券 標準時間 :23:30~6:00
サマータイム :22:30~5:00
(現地時間9:30~16:00)
米国営業日の下記を除く時間帯
・日本時間19:00~19:30(予定)
・日本時間での取引終了時刻から10:30頃まで
楽天証券 確認中 確認中

注文、その他サービス

証券会社 注文方法 指値 リアルタイム株価 米国投資情報『バロンズ拾い読み』 米国貸株サービス
マネックス証券 成行、指値、逆指値、ツイン指値など 約90日 無料 なし
SBI証券 成行、指値 15営業日 有料
楽天証券 成行、指値 当日 有料 なし

マネックス証券は、注文方法が幅広く、指値期間が一番長い点が優れています。
この点だけでもマネックスを選ぶ価値があると思います。